口コミ

ウェルネスダイニング弁当のリアル口コミ。実食して分かったこととは

投稿日:

ウェルネスダイニングは糖尿病や腎臓病、高血圧などの生活習慣病を患ている食事制限が必要な方向けの宅配冷凍弁当サービスです。

ウェルネスダイニングは2011年6月に設立された宅配健康食の会社で、花と食のギフト通信販売会社である株式会社ウェルネスから分社化してできました。

資本金は1,000万円。社員数は26人(2018年)で、女性社員の比率がかなり高い会社です。

変わっているのが、「個人評価なし・ノルマなし・部署も作らない」というポリシー。それが団結力につながり、年間6万人の利用者に180万食を販売する力になっているように思います。

宅配弁当業者を決めるうえで、販売会社を知ることはとても大切なので、簡単ですが、ウェルネスダイニング株式会社がどういう会社なのかをご紹介しました。

あと、ウェルネスダイニングのお弁当の製造は外部委託です。宅配弁当の販売会社は、自社工場で製造しているケースと、ウェルネスダイニングのように外部委託しているケースに分かれます。

どちらもメリットデメリットがあって、自社工場を持っている方がいいわけではありません。ちなみに、わんまいるの宅配弁当も外部委託で製造されています。

ウェルネスダイニングは宅配弁当としてはどうなのか?

ウェルネスダイニングは、自身のホームページのタイトルが「食事制限専門の宅配食通販ショップ」になっているように、食事制限の宅配食に特化しているのが大きな特徴です。

だから、健康でモリモリご飯を食べる人には向かないというか、満足できないのではないかと思います。最もそれを感じるのが量です。ボリュームがないんですよね。

具体的に他社の冷凍弁当と比較してみます。向かって左が低糖質・高たんぱくでダイエットを目指す女性に人気のnosh弁当。右が皆さんよくご存じのワタミの宅食冷凍バージョンです。

写真だと分かりにい所はあるのですが、見た目、ウェルネスダイニングはちょっとボリューム感に欠けているように見えるでしょ。ただ、見た目だけでは判断できないこともあるのも事実。どういうことかというと、

ワタミの容器はすり鉢状になっていて、底へ行くほど面積が小さくなっているんですね。それに引き換えウェルネスダイニングはほぼ垂直。用量が違います。さらに

ウェルネスダイニングの方が底が深いんです。物差しで測ったところウェルネスダイニングは3センチ。ワタミの宅食は2センチで、noshは2.5センチでした。ウェルネスダイニングが一番深いので、見た目、少なく見えてしまう部分もあります。

あと、容器が明るいベイジュ系なので、隙間が目立って少なく見えることもあると思います。だから、思うほどは量が少なくないのかもしれません。

ポイント

ウェルネスダイニングが向く人はどういう人?
ウェルネスダイニングは糖尿病や腎臓病、透析を受けている方、高血圧などの生活習慣病を患い食事制限が必要な方にはすごく向いています。「塩分」や「糖質」「たんぱく質」「カリウム」「カロリー」が制限された食事がいただけますからね。

ウェルネスダイニングのコースと料金プラン

ウェルネスダイニングは6つのコースに分かれています。食事制限に悩んでいる方向けに4つと、栄養バランス重視のコースが2つ。栄養バランス重視コースは、食事制限までいかなくとも、先々その心配がある方や今の健康体を維持したい方向けです。

  1. カロリー制限食
  2. 塩分制限食
  3. たんぱく質と塩分調整食
  4. 糖質制限食
  5. 食事制限までいかない健康食
  6. 栄養バランス食

各コースには、さらに「7食セット」「14食セット」「21食セット」と3種類のセットメニューがあって、合計18種類のコースバリエーションになります。料金体系は、セット数が増えるごとに少しづつ安くなっていきます。

7食 14食 21食
カロリー制限食 4,500円 8,800円 13,000円
塩分制限食 4,500円 8,800円 13,000円
たんぱく質・塩分調整 4,800円 9,400円 13,900円
糖質制限食 4,500円 8,800円 13,000円
健康食 4,300円 8,500円 12,600円
バランス栄養食 4,600円 9,100円 13,500円

料金はすべて税抜き価格です。

カロリー制限気配り宅配食

摂取カロリーを制限したい方向けのコースです。カロリーは240kcal以下、塩分2.5g以下に設定されています。

成人女性の1日の合計カロリーの目安量は、年齢や身長体重にもよりますが、だいたい1,800~2,200kcal。平均で2,000kcalくらいです。 1食分に換算すると650kcalくらい。成人男性の場合は、だいたい1日2,600kcalで1食分当たり約850kcalが目安になります。

ウェルネスダイニングのカロリー制限食の場合は、ご飯がつきませ[ん。これにご飯1杯味噌汁1杯を加えると、ご飯1杯普通盛りで約240kcal、味噌汁1杯約50kcalで計算すると、合計530kcalと目安内にしっかり収まっています。

外食すると、1,000キロカロリーをオーバーすることはよくあること。自分の食事が何キロカロリーかを意識しないと、すぐに基準値を超えてしまいます。なので、痩せようと思えばカロリーを意識することはとても大事。しかも240kcalとかなり低いですからね。

健康診断結果や医師から、「生活習慣病のリスクがありますから、痩せた方がいいですよ」とアドバイスされた方に向いています。

塩分制限気配り宅配食

塩分を制限したい方向けのコースです。塩分は2.0g以下、カロリーは300kcal以下に設定されています。

厚生労働省は塩分摂取量の目標値として、18歳以上の男性は1日当たり8g未満、18歳以上の女性は1日当たり7g未満としていますが、日本高血圧学会の推奨量は6g、WHO世界保険機関は5g未満とさらに厳しいです。

一方で、実際に日本人が摂っている塩分は、1日9.9g(男性が10.8g、女性が9.2g)となっています。醤油や味噌汁を好む食文化のある日本では、やっぱり摂り過ぎなんです。

塩分の摂り過ぎは、高血圧を始めいろいろと健康を損なうリスクがありますから、極力減らしたいところ。そういう意味でもウェルネスダイニングの塩分2g以下の塩分制限食は、良きパートナーになります。

ただ、2g以下って少なすぎて、味がしないので?と不安に思われる方もいるかもしれませんが、ウェルネスダイニングの塩分制限食は出汁や香辛料を上手に組み合わせ、しっかりした味に仕上げています。

そもそも薄味すぎて、醤油を足さないと食べれないものだと、本末転倒。意味ありませんからね。

血圧が高めの方に向いています。特に冬場は寒さで血管が収縮し、血圧が上がりやすい時期です。また、日ごろ血圧を測っていなくて、健康診断で135/85以上など高い数値が出た場合などから始めるのもいいかもしれません。

たんぱく&塩分調整気配り宅配食

たんぱく質と塩分の制限のある方向けのコースです。たんぱく質10g以下、塩分2g以下、カリウム500mg以下、カロリー300kcal以上に設定されています。主に腎臓病や腎臓に不安のある方向けられているコースです。

症状によってもちろん違ってくるのですが、一般的に腎臓病の食事は、タンパク質や塩分を控えること。エネルギーを十分に摂ること。またリンやカリウム、水分の制限がある場合もあります。

こういったいろいろな制限を満たした料理を作ることは、本当にたいへんです。というか、無理でしょう。1日2日なら可能かもしれませんが、これがずっと続くわけですからね。

なので、こういったサービスも選択肢に入れておくことで、心の負担が軽くなかと思います。ただ、腎臓病は人によって症状も違いますから、病院にかかられている場合、主治医に相談してみてくださいね。

ウェルネスダイニングには管理栄養士が常駐しているので、電話で問い合わせてみるのもいいと思います。

糖質制限気配り宅配食

糖質の摂取量をコントロールしたい方向けのコースです。糖質15g以下、塩分2g以下、カロリー240kcalも設定になっています。

糖質制限にはどういう人が向いているのかを考えたとき、ぱっと思い浮かぶ言葉が糖質制限ダイエットです。最近大流行していますからね。で、糖質15g以下という数値は、低糖質をウリにしているnosh弁当の17gを上回る数字。かなり少ないのではないでしょうか。

ただ、問題があります。いくら糖質が少なくても、ごはんをたくさん食べたら、すべてパー。だいたいご飯1杯150gで約55gの糖質が含まれています。ご飯を2杯も3杯も食べていたら、糖質制限食の意味がありませんよね。量を減らすか、食べないか、そのあたりをしっかり調整しないとね。

健康応援気配り宅配食

食事制限が必要というよりも、食事制限にならないよう健康維持に努めたい方向けのコースです。塩分が2.5g以下、カロリーが300kcal以下の設定になっています。

もちろん、栄養管理士が考え抜いたメニューです。栄養バランスに配慮したコースになっています。

(厳選)栄養バランス気配り宅配食

栄養バランスの偏りが気になる方向けのコースです。塩分が2.5g以下、カロリーが300kcal以下の設定になっています。

1食あたり10品目以上の食材を使用。健康応援気配り宅配食をさらに厳選したイメージです。値段も7食セットで300円ほど高くなっています。

ウェルネスダイニングのお試し

ウェルネスダイニングのコースを理解し、希望するコースが決まったら次に契約となるわけですが、まずはお試しから入るのが失敗しない方法です。

「味」「量」「値段」「配送の受け渡し」。これらを実際に体験し、チェックすることが大事になってきます。

味・量

「味」に関しては、個人の嗜好がすごく作用するものです。他の人が美味しいといっても、自分が美味しいと感じるかは分かりませんからね。しっかり確かめる必要があります。

ただし、味はメニューによってかなり変わることを知っておきましょう。なので1食で判断せずに、7食なら7食すべて食べてから総合評価し、合格か不合格か決めるべきです。量に関しても同じですね。

私の味に関する率直な感想は、制限食でありながら「薄い、味がしない」ということはありません。しっかり味がついていて、まずいこともなく普通に美味しいという感じです。

値段

値段に関しては、実食してこれでこの値段はどうなのか?と評価します。ある意味感覚的ですが、高いと思ったまま続けると、結局不満が溜まっていって長くは続かないことが多いですからね。

ただウェルネスダイニングの値段を考える場合は、付加価値も考えるべき。ウェルネスダイニングの付加価値って何かというと、管理栄養士による電話やメールでの栄養相談です。

特に、糖尿病や腎臓病、透析を受けている方、高血圧などの生活習慣病を患い食事制限が必要な方は病院でも聞けないことが多いので、不安や分からないことがいっぱい。

それを無料で相談できるのですから、他の弁当屋さんにはない大きなメリットです。そこも評価ポイントになります。

配送の受け渡し

商品の受け取りもポイントです。いつ頃持ってくるのか、時間指定できるのか?そのあたりですね。冷凍弁当の場合は直接の受け渡しのみで、宅配BOXは利用できませんから。

ウェルネスダイニングの場合は、クロネコヤマトがクール宅急便で配達してくれます。ヤマトはクロネコメンバーズに入ることで、時間指定や配達日の変更などが簡単にできるので、オススメ。無料です。

お試し

まずは、お試しと言いましたが、ウェルネスダイニングは、残念ながらお試しがありません。でも、都度買いがお試しとほとんど変わらないのです。送料も1回目は無料になります。

なので、お試しの代わりに都度買いを選択し、あとは7食か14食か21食を選ぶだけ。

送料

送料は初回無料。2回目以降都度買いは700円(税抜き)、定期便は350円(税抜き)になります。

クーポン

購入画面に入るとクーポンコードの入力欄があります。ということは、どこかでクーポンをもらえるというわけです。少しでも安く買えるなら、クーポン欲しいですよね。

ということで、色々とウェルネスダイニングのクーポンの発行について調べてみたのですが、結局分からずじまいでした。なので、次回注文時に電話でクーポンはどこで手にはいるのか、直接聞いてみます。分かり次第追記しますので、しばらくお待ちください。

ウェルネスダイニングの悪いところ

ウェルネスダイニングの悪いところというか、評価できないと私が感じていることです。

量が少なく感じる

前にも書きましたが、ボリューム感が見た目、他の冷凍弁当に比べて劣ることです。前述しましたように容器の問題はありますが、パット見たときの印象はマイナスポイントになりますね。

もちろん、制限食専門ということがありますので、計算された量であることは間違いないと思います。特に、量に関して気にしていない人には、何も感じないことですが。

メニューを選べない

ウェルネスダイニングは、コースは選べてもメニューを選べません。どういうメニューの弁当が送られてくるのかは、届いてからのお楽しみという感じ。

メニューを選べない冷凍弁当販売店はたくさんあって、特別なことではありませんが、noshとか自由にメニューを選べる弁当屋さんも増えてきているので、不満に思っている人もいます。例えば、魚料理が苦手な人に、魚料理が送られてくるとテンションが下がってしまったり。

ただ、デメリットだけではありません。メリットもあります。好き嫌いにかかわらず、栄養があって健康になるべく料理がいただけますからね。

特にウェルネスダイニングは制限食専門です。栄養のバランスはとても重視されていますから、安心してお任せできる部分もあります。

まとめ

ウェルネスダイニングは制限食専門の宅配食サービスです。なので、健康体で健康に不安を感じていな人には、物足らないと感じてしまうこともあります。

一方で、健康に不安があって、食事を制限されている方や食事を制限する必要性を感じている方には強い味方です。特に糖尿病や腎臓病、高血圧などの心配のある方には、心強い援軍になります。

これらは症状にもよりますが、食事を制限されることが多いです。でも、一般の家庭で塩2g以下、糖分15g以下、タンパク質10g以下の料理を毎日毎日作ることができるでしょうか?

やっぱりそこは、制限食専門のウェルネスダイニングにおまかせした方が、お金はかかるものの、安心できて負担もかなり軽くなりますからね。もちろん味も普通に美味しいレベルにありますよ。

あと、食事に関して分からないこと不安に思うことは、管理栄養士が電話・メールで無料の相談に乗ってもらえる特典は大きいです。病院では聞けないこともたくさんありますから、どんどん聞いちゃいましょう。

そういうことを総合的に判断して、ウェルネスダイニングを評価してみてください。

 

 

-口コミ

Copyright© 宅配弁当冷凍ランキング@おにぎり貫太郎 , 2019 All Rights Reserved.